『非国民文学論』を上梓しました

非国民文学論
非国民文学論
紀伊國屋書店様のPOP
紀伊國屋書店様のPOP

 

 

私事ながら、このたび、単著としては3冊目にあたる『非国民文学論』(青弓社)を上梓いたしました。もともとは、2003年~2004年に雑誌「詩学」に連載した拙稿でしたので、十数年かけてようやく世に出た書籍ということになります。

目次は、以下の通りです。

 

第1部 非国民文学論

序 章 いのちの回復

第1章 〈国民〉を照射する生――ハンセン病療養者

第2章 〈幻視〉という生――明石海人

第3章 〈漂流〉という生――『詩集 三人』と『笹まくら』

終 章 パラドクシカルな〈国民〉

 

第2部 〈歌聖〉と〈女こども〉

第1章 明治天皇御製をめぐる一九四◯年前後(昭和十年代)

第2章 仕遂げて死なむ――金子文子と石川啄木

 

「非国民」という言葉は、文学作品では日清戦争後に使用例が見られますが、常に他称として存在したと思われます。特に昭和の十五年戦争下、その言葉は、国を挙げての戦争に協力的ではないと見なされた人々に向けられました。しかも、身体面がその基準の一つとなったのです。

そのため、兵役につくことのできない病者や、徴兵検査で「丙種」合格になった人々(召集をうけない第二国民兵)は、総力戦の時代には疎外されてしまいます。精神的には国に従順な民であっても、身体的には非国民と称される立場に置かれるという、逆説的な問題が生じてくるのです。

また、徴兵拒否を選んだ少数の成人男性もいましたが、かれらは身体面での自由を求めようとして、逆に、身体的な不自由さをみずから引き受けるという逆説的な立場に追い込まれました。

それらを、文学作品を引用しながら考察した拙著ですが、その中で触れなかった歴史的事実を、一つ、ご紹介しましょう。

 

かつての大日本帝国憲法第20条には、「日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ兵役ノ義務ヲ有ス」とありました。ところが、昭和初年施行の兵役法第1条には、「帝国臣民タル男子ハ本法ノ定ムル所に依リ兵役ニ服ス」とあり、兵役を担うのは「帝国臣民タル男子」と限定されていたのです。

そのため、1926年から27年にかけての第52回帝国議会で、これら両条文についての質問と答弁が行われました。兵役義務を男性だけに限定するのは憲法違反ではないか、という質問に、苦しい答弁が記録されています。それに基づくと、憲法第20条にいう「日本臣民」とは男性だけということになり、兵役法は男女差別法であるということが、むしろ明らかになったのでした。

 

現在、新たな日本国憲法が施行され、兵役法は存在していません。けれども、こうした近代日本の過去の経緯を知っておくことは、私たちにも必要なものと考えています。

 

田中 綾

三浦綾子原作の映画をDVDで

全国的、また国際的にも新型ウイルスが話題となり、日々の報道を見守っているこのごろです。当文学館では、これまで以上に館内の徹底した清浄、殺菌、マスクの着用等に気を配り、みなさまが安心してご来館いただける環境づくりに尽力しております。

さてこの1週間、私は外出を控え、在宅で文筆業に専念しています。締切と締切の合間の愉しみは、久々のDVD鑑賞の時間です。
三浦綾子原作の映画で、現在文学館でも取り扱っているDVDは3本。さっそく、その感想を記してみます(出演者の敬称略)。

『氷点』(山本薩夫監督、1966年)
旭川の雪景色と、アイヌ文化を要所要所に織り込んだ映像美。
原作からどの部分を抽出するかが脚本家の腕でしょうが、脚本家水木洋子は、辻口病院で退院前日の患者が自死を選んだエピソードをきちんと抽出し、慧眼と感じました。原作のセリフも最大限活かされています。
キャスティングは、ベテランの余裕と貫禄が感じられ、とくに、辰子役の森光子はベストキャスト!
実は初読のことから、キップも良くて情もある辰子は、森光子か杉村春子(ちょっときついかしら?)と考えていました。
唯一、陽子役の安田(大楠)道代が高校生には見えなかった……というのは、私だけでしょうか。

 

『塩狩峠』(中村登監督、1975年)
モデルとなった長野政雄殉難の2月に観るにふさわしい、緊迫感のある映像。明治期を再現させたカメラワークに、敬意を表します。
キャストでは、ふじ子を演じた可憐な佐藤オリエが印象深く、ラストシーンまで一気に見続けてしまいます。佐藤オリエのご父堂が、三浦夫妻とも交流のあった彫刻家・佐藤忠良という縁など、さまざまなエピソードも。

 

『海嶺』(貞永方久監督、1983年)
超大作を、96分にまとめあげたスタッフの苦労が思われる作。キャストは、西郷輝彦、竹下景子、あおい輝彦、火野正平ら豪華なメンバーに加え、14歳の仙道敦子がういういしい姿をちらっと見せています。
前半、鎖国の時代とアメリカでの物語世界に入り込むまで、いくらか時間が必要ですが、後半は緊迫の映像。とくに、マカオから故郷を目指す船旅に、目が釘付けになります。故郷に上陸目前という岩吉らに向けて、容赦なく砲撃を加え、“棄民”の意思を表明する共同体――為政者の判断と、民の郷土への愛との落差は、むしろ今日的な問題でもあるでしょう。
ちなみに、漫画版の『海嶺』(いのちのことば社、2017年)もおすすめです。

平常な生活に戻るまで、今すこし時間はかかるかもしれません。けれども、一日一日のかけがえのないひとときを、大切に過ごしてまいりましょう。

田中 綾

文学離れ? 文学館離れ?

三浦綾子 読書調査グラフ
三浦綾子 読書調査グラフ

昨年度から、勤務先の大学の「日本文学史Ⅱ」(近・現代の文学史)という授業でアンケートを行っています。質問は、ずばり「三浦綾子の作品を読んだことがありますか?」。
今年度の受講生は、人文学部の1~4年生で、109人から回答が寄せられました。

三浦綾子の作品を
→ 読んだことがある・・・11人 (10%)
→ 名前は知っているが、読んだことはない・・・59人(547%)
→ 今回初めて聞いた・・・39人(36%)

昨年度の調査では、「今回初めて聞いた」が「45%」でしたので、それよりはいくぶん認知度が回復したでしょうか。
とはいえ、「読んだことがある」学生が1割というのも、地元・北海道の大学としては、やはり寂しい結果です。

ちなみに、「読んだことがある」学生の三浦作品は、こうでした(複数回答)。

『塩狩峠』7人   『氷点』5人   『続氷点』1人  『ひつじが丘』1人
『泥流地帯』2人  『道ありき』2人

『塩狩峠』にふれたことをきっかけに、塩狩峠記念館を訪れたという回答もありましたが、これまで訪れたことのある文学館等を尋ねたところ~(複数回答)

北海道立文学館 21人   市立小樽文学館 15人   函館市文学館 3人
三浦綾子記念文学館 2人  宮沢賢治記念館 2人   井上靖記念館 1人
塩狩峠記念館 1人     旭川文学資料館 1人   有島記念館 1人
渡辺淳一文学館 1人

「地元だから訪れた」という理由が多いようですが、地元ではなくても、はるばる足を運びたくなる文学館には、どのような要素が必要なのでしょう――美術館や博物館にはない“文学館の魅力”を、いろいろと探っていきたいと思います。

田中 綾

頌春 大河ドラマの予習・復習に~『細川ガラシャ夫人』

初春を迎え、みなさまの御多幸を心よりお祈り申し上げます。

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、戦国時代の明智光秀が主人公ですね。長谷川博己さんが演じ、シャープな光秀像が期待されるでしょうか。 明智光秀の娘といえば、細川ガラシャ(玉子)。そう、三浦綾子初の歴史小説『細川ガラシャ夫人』(主婦の友社、1957年)のヒロインです。

明智光秀の娘・玉子は、16歳で細川忠興に嫁ぎ、子どもにもめぐまれます。ところが、父・光秀が織田信長に叛旗をひるがえしたため、一転、逆臣の娘という立場に。 家族とも引き裂かれ、人間らしい生き方をさぐる中で、信仰に目覚めます。時代はキリシタン弾圧のさなかですが、洗礼を受けることを決意し、みずからの意志を貫くのでした。 そして最期は、細川家の人間という運命にしたがって、38歳の若さで死を受け入れることに――。

フィクションとしての『細川ガラシャ夫人』の読みどころは、三浦綾子によるオリジナルキャラクター「初之助」の存在でしょう。 足軽の息子で、玉子より5歳上の初之助。身分は異なりますが、苦難に遭う玉子(のちのガラシャ)をそっと助け、励まし、最期まで見守るという役割です。 “苦しいことが起こっても、あなたには、必ず助け、寄り添ってくれる人がいますよ”という三浦綾子からのメッセージのような人物といえるでしょうか。

大河ドラマのほうは、明智光秀の前半生ということで、玉子誕生以前の物語かもしれません。ですが、予習・復習に(?)、『細川ガラシャ夫人』をぜひご一読ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※動画中のイラスト2枚は、上小倉宏幸さんの作品です。

田中 綾

全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦開催

全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦開催

11月17日、「全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦」が、三浦綾子記念文学館で行われました。5分間で本の紹介を行うコミュニケーション・ゲームの「ビブリオバトル」、当館での大学生の地区決戦は3年目となります。

http://zenkoku.bibliobattle.jp/zone_yosen/hokkaido_ab

今年は、「Aブロック」「Bブロック」の2つの地区決戦の会場となり、それぞれ5人のバトラー(発表者)が出場しました。室蘭工業大学からは留学生も出場し、ビブリオバトルが国際化していることにも刺激を受けました。

会場の約30人による投票で選ばれた「チャンプ本」は、次の2冊です。

・Aブロック『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著、白根美保子訳、筑摩書房、改訂版、2013年)

・Bブロック『お嬢さまことば言葉速修講座』(加藤ゑみ子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン、改訂版、2017年)

『金持ち父さん貧乏父さん』は、以前ななめ読みしたことがありますが、『お嬢さまことば言葉速修講座』は未読。内容とタイトルに惹かれ、さっそく購入してみました。

「お嬢さまことばの背景には、基本的に、健全な自己肯定感があります」(p169)、その健全な自己肯定感とは、「~ねばならぬ」という意識から解放されたニュートラルな状態で、その状態だからこそ、他人の良さに目を向け、褒めことばをたくさん持つことができるのだとか。近年の若い世代は自己肯定感に乏しいとも言われますが、この本は、そんな心を少し軽くさせてくれるものかもしれません。

普段なじみのない本と出合える「ビブリオバトル」、今回も発見と好機をいただいたように思います。発表者のみなさん、ご苦労様でした!

全国大会は、12月22日に東京・大手町で開催されます。三浦綾子の本が紹介されることも、ひそかに期待しつつ……。

末尾ながら、みなさま、どうぞ佳き新年をお迎えくださいますよう。

田中 綾

氷点ラウンジ、オープン!

昨年9月にオープンした「分館」ですが、10月12日に、リニューアルオープンいたしました。https://www.hyouten.com/hyoutenlounge “ヒト・コト・モノが出会う待合室”をコンセプトに、“世界でたった一つ”のオーダーメイドグッズと“出会える”空間となっています。 たとえば、ひときわ目を引くのは、何種類ものイラストによる特製ブックカバーや、B5サイズのノート。デザインは、旭川市や和寒町など文学館近隣で活躍するクリエイターの方々によるものです。

私のお気に入りは、内側のページや表紙のタイトルなども選べるB5ノート。さっそく、レッド系のクリスマスカラーの表紙に「AYA NOTE」のタイトルを入れてもらい、縦書きにも横書きでも対応できる方眼紙のページを選んで作ってもらいました。

また、三浦綾子の写真がデザインされたノートの中身は、三浦文学の言葉が大きく印刷された「なぞり書きノート」です。薄く印刷されたその言葉を、ペンなどでなぞって、一文一文をかみしめながら書き写すことができます。

ところで、リニューアルオープン当日、文学館のボランティアさんたちの話題を集めていたのが、オリジナルコーヒーカップでした。三浦綾子のシルエットをあしらった大きめの器で、こちらは非売品(だからこそ、ぜひ分館でお手にとってみてください)。 本館カフェとはまた異なる趣きで、「氷点オリジナルブレンドコーヒー」はじめ、「焼きドーナツ(プレーン/チョコ)」のボリューミーな美味しさも堪能できます。

そして、コーヒーを運ぶトレイに敷いた1枚の紙にも、ぜひご注目ください。綾子さんが口述して、光世さんが書き取った『果て遠き丘』の原稿が印刷されているのです。句読点の確認や、書き直し、うっすら見える“見せ消ち”部分など、テクスト・クリティークに挑戦したくなる興味深い資料となっています。

カレンダーも、残すところ2枚。さて、今日もコーヒーで暖まりましょう。

田中 綾

三浦綾子と太宰治

話題の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(蜷川実花監督、小栗旬主演)を観てきました。太宰治の生誕110周年を機に映画化されたそうですが、3人の女性たちを演じた、宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさん、それぞれに存在感があり、“女優魂”なるものを感じさせられました。

三浦綾子の、とくに初期作品には、太宰治の名前がいくつも登場しています。

印象的なところでは、高校生サチコの日記体で書かれた「雨はあした晴れるだろう」(初出1966年)の前半部分。よく知られた「生れて、すみません」(太宰治「二十世紀旗手」)にふれた箇所があります。

 

太宰治はどうして自殺したのだろう。

生マレテキテスミマセン

こんな悲しいことばを知った人は、死ぬよりしかたがなかったのだろうか。太宰治は必死になって生きていた。わたしはそれがわかるような気がする。

わたしもまた、必死になって生きてゆきたい。しかし、生きるっていったいなんなのだろう。

(略)

人生って、恋だけのためにあるんじゃないって、ハッと気づく日がくるのではないだろうか。

それでもいい。ハッと気づく日がきたら、また、その日から生き直せばいい。

『雨はあした晴れるだろう』北海道新聞社、p22~23

 

太宰治の苦悩の選択にふれなから、多感なサチコに、生きることの意味を自問させ、生き続けることの重みを発見させたくだりです。少女らしい潔癖さと、ひたむきさもうかがえますね。

かぞえると、三浦綾子は、太宰治より13歳年下。そんな綾子の読書体験にも思いを馳せながら、秋の夜長の読書もお楽しみください。

田中 綾

愛媛県と三浦綾子と、北海道大学

『ちいろば先生物語』の読後感といえば、圧倒された、に尽きるでしょうか。榎本保郎牧師の生涯のダイナミックさ、劇的さ――「ちいろば」というかわいらしいタイトルとのギャップも、相乗効果になるようです。

榎本牧師が自伝「ちいろば」を連載したのは、愛媛県の日本基督教団今治教会の週報でした。2年間連載したのち、1975年に近江八幡市へと居を移しましたが、現在でも、今治市では「ちいろば」牧師の足跡は濃厚なのでしょう。

そんな、三浦文学ゆかりの愛媛県で、9月7日(土)に講演をさせていただくこととなりました。愛媛エルム会(北海道大学同窓会)の主催で、「短歌がつなぐ365日~歌人としての三浦綾子~」です。

https://sites.google.com/site/ehimeelm2016/10-information/10-1-2019seminar

主催の方々への感謝も込めて、三浦綾子の小説に登場する「北海道大学」をあらためて調べてみました。ご存じ、『氷点』『続氷点』、『ひつじが丘』などに登場していますね。とりわけ『続氷点』では、主要登場人物がほぼ北大生で、札幌の街並みも追体験できます。

辻口陽子(ヒロイン)

北大生 辻口啓造(父)

北大医学部卒 辻口 徹(兄)

北大医学部生 北原邦雄(徹の友人) 北大理学部生→院に進学

津川教授(陽子の祖父=夏枝の父) 北大医学部内科教授

注目すべきは風景描写。実際に、三浦夫妻は北大構内や植物園を取材し、臨場感を伝えています。

クラーク会館から、北に一キロほど伸びた真っすぐな舗装路には、絶えず自動車が走り、学生たちが行きかっていた。ここから見る北大構内の眺めが、陽子は一番すきだった。

舗装路の左手は農学部で、その北よりに黄土色の三階建の理学部が、大きなニレの木立ごしに見える。ニレの向こうに、ポプラが幾本か道に沿ってそびえている。

『続氷点』角川文庫版 下巻「新芽」p7

 

三浦文学を通じて、愛媛&北海道の文学散歩も楽しんでみませんか?

田中 綾

 

旭川駅で、三浦文学館を発見!?

JR旭川駅直結の、イオンモール旭川駅前。2015年の開業なので、三浦綾子・光世夫妻の召天後のものですが、市民にはすっかりおなじみのショッピングモールでしょうか。

その4階にある、お好み焼の「風月」。太麺焼きそばのボリュームも嬉しいお店ですが、壁面の躍動感あるイラストに、食欲もそそられます。しかも、いくつものイラストの中に、なんと、三浦綾子記念文学館の姿を発見! お好み焼のコテ(ヘラ)の表情もキュートで、なんだか夢の国の建物のようですね。

三浦文学にはさまざまな食べ物が登場していますが、実は、お好み焼など“粉もん”はほぼ登場ナシ。「小麦粉」は『石の森』に登場しますが、食べものとしてではなく、ねん挫した足にぬる、という使い方でした(これも三浦文学ならではでしょうか?)。

なので、お好み焼店と三浦文学館のイラストのコラボは、とても新しいものに感じます。

イラストを担当されたのは、小川けんいちさん。

旭川市在住で、旭山動物園のお菓子のパッケージデザインや、ホワイト企業大賞ロゴマークのデザインなど、さまざまなシーンで活躍しておられます。

さて、その小川けんいちさんが、この度、三浦文学館オリジナルパッケージ「蔵生(くらなま)」デザインも手掛けてくださいました。

しっとりした生チョコサブレの「蔵生」は、ロバ菓子司さんの「ザ・さんくろうど」ブランドの銘菓で、三浦光世さんお気に入りのお菓子だったとか。

美味しさに加え、パッケージにもご注目を。中央の手描きの二行は、三浦綾子デビュー作『氷点』の文字です。それをめぐって、原稿用紙や、インク、将棋の駒など、三浦夫妻ゆかりの品々のカットが添えられています。一つ一つのエピソードを思い浮かべながら、味わっていただきたいです。

ちなみに、3つの味わいのうち、アーモンドは新商品だとか。文学館のオープンカフェでも提供していますので、香ばしさをご実感ください。

(↓こちらから、お取り寄せもできます)

https://www.hyouten.net/?pid=144337258

田中 綾

き花――文学館オリジナルパッケージ、誕生!

6月13日の開館記念日に、新たな「おみやげ」が誕生しました。
壺屋総本店さんの銘菓「き花」(きばな)。香ばしいアーモンドガレットに、ホワイトチョコをサンドしたお菓子で、私も子どものころから親しんできたスイーツです。
三浦文学館オリジナルパッケージは3種類で、デザインは、旭川市在住の齋藤玄輔さん。
やわらかいタッチで、心がほんのりあたたまる、素敵なデザインです。

さて、「き花」とは珍しいネーミングですが、その原典は、齋藤瀏の第二歌集『霧華』(1929年)に由来するとか。軍人で、第七師団に二度赴任した、旭川ゆかりの歌人です。
「きばな」は、現在でいうダイヤモンドダスト現象のことですが、そこに「霧華」の漢字をあてたのが齋藤瀏だったのですね。エッセイに、次のように書かれています。

「霧華とは、一般には霧氷又は樹氷などとかかれて居る『きばな』に私が宛てた文字である」(「旭川の四季」)

そして、齋藤瀏は、北国の神秘的な冬の姿をさまざまに歌っていたのでした。

・霧にそまりあかあかと陽はのぼるなり霧華凝(こ)りたる森に沁みつつ

・ほのかなる光となりて降りにけり大木の霧華おのづから散り

・すみ深き星夜の空にぬきいでて木々の霧華のおのれ照りたり

歌人・齋藤史は齋藤瀏の娘ですが、父娘二人で、霧華の美しさに心ひかれていたさままで想像されます。

ところで、「き花」は大きさが2つあり、三浦文学館のものはミニサイズのほうです。4枚入り350円とお手頃なので、ちょっとしたプレゼントなどに、どうぞ。

田中 綾

 

※参考文献……石山宗晏・西勝洋一『道北を巡った歌人たち』旭川振興公社、2013年